ごあいさつ

医療法人社団白羽会 理事長

永島 徳人(ながしま あつと)

医療法人社団白羽会はどんな病を抱えていても自宅で過ごしたいと思っている患者様やその御家族を支えるために2011年7月より船橋市全域を対象に訪問診療を始めました。自宅で安心して過ごしていただけるように、少しでも生活の質が上がるように医療と介護の連携をうまく取りながら、24時間体制でサポートしています。
「家に帰ってこれて良かった!」「やっぱり家は安心する。」と笑顔を見せられる方がいる一方で独居世帯や老々介護世帯も増えてきており、自宅での生活が困難になる方もたくさんいるのが現実です。しかし癌患者や神経難病患者等、医療依存度の高い患者様はなかなか市内の有料老人ホームやショートステイなどに入ることができず、自宅での生活に不安を感じながらも入院するぎりぎりまで自宅で生活をしたり、病院へ定期的なレスパイト入院(介護者の休養を目的とした短期入院)を繰り返しながら生活をしたり、長期間の入院を余儀なくされる方も多いはずです。
入院することで3食の食事や整容・排泄・入浴等の日常生活の基本的動作に対する支援は行われ、介護負担も軽減されますが病院での様々な制約により「自分らしく生きる」という点では難しくなってしまいます。
「つばさの杜」では24時間介護士と看護師がいる環境の中で、つばさ在宅クリニックの訪問診療も24時間体制でサポートすることができます。このような体制だからこそ医療用麻薬や持続点滴、人工呼吸器等を使用している医療依存度の高い癌患者様や神経難病患者様も安心して自分らしく生きることができるようになります。できることがだんだんできなくなっていく苦しみの中でも支えを強めることで人は人として生きることができます。最期の一口までおいしく召し上がることができるよう工夫されたお食事や嗜好品(酒やたばこ)、状態に合わせた入浴や外出支援など、入居者の希望にできるだけ添えるようにオーダーメイドで対応していきます。
人工呼吸器を装着されているALSの方も通信機器を用いて外部とコミュニケーション取ったり、外出支援を行ったりすることも自宅と同様可能になります。
「つばさの杜」はサービス付き高齢者住宅になります。人が人らしく生きることができる空間を入居者とかかわるスタッフ全員で作り上げていきます。10年間船橋で在宅医療と深く関わってきた医療法人だからこそできる医療依存度が高い患者様が安心して暮らせる生活の場を築いていきたいと思っております。


つばさの杜 施設長

橋本 広美(はしもと ひろみ)

船橋市で10年間、訪問診療、訪問看護に携わり、自分の家で自分らしく最後まで過ごせた方の笑顔にたくさんふれてきました。一方で、家に居たい思いがありながら、家族との間で互いを思うあまりに自宅で過ごすことが難しくなった方、やむを得ない事情で最期を病院や施設で過ごす選択をした方々の思いにもかかわり、のちに最後を病院で過ごされた方のご家族からの後悔の言葉もたくさん聞いてまいりました。そうした中で、ご家族の介護負担軽減とご本人様の少しでも「自分の家に居たい」思いを実現できるように、自宅に近い環境で、そこで暮らす人々が暖かい家族と一緒にいるように感じられる療養場所の提供できれば!という思いが「つばさの杜」の開設に至りました。
サービス付き高齢者向け住宅はもうひとつの「自分の家」です。「つばさの杜」はその人に合わせた自分らしく過ごせるサービス提供が出来るような施設づくりを目指していきたいと思っております。また医療法人が担う施設として、受け入れが難しいがんの末期の方、難病の方など、様々な重度医療管理が必要な方々が安心して暮らせるよう、24時間365日体制で「在宅緩和ケア充実診療所」等と連携した在宅医療が充実した施設になっています。そして、日々の大切な時間が生きがいや満足に満ちていくことを希望して、そこで暮らす方々とそれを支えるスタッフそれぞれの「愛」にあふれる「ひとりひとりの愛が輝き愛が交流する家」にしていきたいと思っています。さらに地域の方々とのぬくもりのある交流を大切に、地域の方たちと協働しながらの施設づくり、街づくりをも目指していきたいと思います。

 

 


つばさの杜 料理長

髙橋 章(たかはし あきら)

 

 

 

 

経歴・資格等

・1976年4月  横浜以世一 入社
・1981年7月  鶴巻温泉 陣屋 入社
・1983年5月  東京ヒルトンホテル 入社
・1989年6月  鎌倉 門前入社
・1991年8月  東京ヒルトンホテル 入社
・1997年9月  自営 和乃蔵 開業
・2003年11月 ヒルトン東京 入社(総料理長)
・2018年5月  ヒルトン東京 退社

●調理師免許 
●河豚調理師免許

☆日本調理士庖友相互自治会 副会長
☆公益社団法人日本料理研究会 師範